資産価値が高い注文住宅の特長

周辺環境が充実!立地の良い注文住宅

注文住宅というものは建てる時に長く使える超豪華設備を整えておけば、ある程度は資産価値を高める事ができます。しかしそれだけでは不十分な部分があり、立地が良い場所に家を建てる事も重要になってきます、で…

省エネ性能を重視した注文住宅は資産価値が高い!

日本に四季があり冬と夏ではかなり気候の状況が変わります。かつての日本家屋は夏の暑さに対応するために天井が高かったり風通しがよかったりしますが、その分冬は寒くなりがちでした。冬に寒ければその分暖房が…

定期的にリフォームやメンテナンスをしている注文住宅

注文住宅は、分譲住宅よりもデザインや設備などにこだわった物件が多く、資産価値の観点からも好意低評価される傾向があります。そうした状況の中、注文住宅の資産価値を長くキープするには、定期的にリフォーム…

資産価値が低下しやすい注文住宅の特長

これから注文住宅を建てることをお考えなら、将来もしも売る時のことを想定して、1円でも高く売るために、どんな点が資産価値に影響を及ぼすのか知っておくと良いでしょう。ここでは、資産価値が低下しやすくなる要因について解説していきます。

デザインが古い、個性が目立つ注文住宅

使用状況が悪い注文住宅

十分な広さがない注文住宅

狭いものを広くするのは大変

十分な広さがない注文住宅は資産価値が低下しやすいです。その理由としては、やはり住宅において狭さよりも広さの方が有益だからです。広ければ広いほど自由に空間を使うことができますし、開放的な気分にもなります。近年は核家族が主流と言える状況ですし、広いと掃除なども大変なのであえてコンパクトな住宅を好む方も増えています。もちろんそれぞれの好みに合った住宅にすれば良いのですが、資産価値という観点で考えるとデメリットが目立ってしまうのです。狭いものを広くしようとするにはリフォームが必要ですし、少ない出費では済まないです。逆に、広い空間を狭くするのは簡単です。家具などを工夫すればいくらでも狭くなるので、自由自在です。

自分達の生活を第一に考える

基本的には、自分達の生活を第一に考えた住宅にするのが理想です。将来的に住宅を売ろうと考えている場合でも、何年も住むことになるからです。売ることを第一に考えてしまうと、理想とは程遠い不自由な生活を強いられることがあります。それではストレスが溜まって、生活の質が下がってしまいます。近辺の開発などで地価が高騰すれば良いですが、逆に閑散とする可能性も否定できません。過疎化が進めば商業施設も撤退しますし、そうなると住宅を高く売るのは難しいです。更に大型の台風や大きな地震など自然災害で住宅が大きなダメージを受けると、売る計画も頓挫します。素人の考えでは思い描く通りにならない可能性も高いので、注意が必要です。